蓄膿症(副鼻腔炎)を治すことで偏頭痛にならなくなった

私は蓄膿症(副鼻腔炎、鼻炎)だった頃は
偏頭痛になることも多くとても辛い日もありました。

その時は蓄膿症と頭痛とは関係がないと思っていたのですが、
蓄膿症が治ったことで偏頭痛にならなくなったのです!

蓄膿症が治った

考えられる理由は2つあるのですが、
蓄膿症そのものが偏頭痛に影響していたのか、

蓄膿症の原因であった腸内環境の悪さが
偏頭痛という症状まで及ぼしていたのかということです。

正直私は医者ではないので真相は分からないのですが、
蓄膿症も偏頭痛のどちらも治ったのですから嬉しい限りです。

蓄膿症は鼻水が出るのでその影響も考えられるし、
体の健康は腸からとも言われるように、
それだけ腸内環境を良くすることの効果は大きいとも考えられます。

腸内環境を良くしよう

結論としては、私の蓄膿症が治ったのは腸内環境に気を使ったからでした。

腸内環境が乱れると下痢や便秘になったりするだけでなく、
アトピー性皮膚炎や鼻炎、喘息といった症状が起こるリスクがあるように、
体のいたる所に影響することが知られています。

そういうこともあり、腸が原因で蓄膿症になっている場合は
他にも体の不調があることは十分に考えられるということも言えます。

蓄膿症(副鼻腔炎、鼻炎)の人はもちろんですが、
全ての人にとって腸内環境は大事なのだと思います。

私は乳酸菌のサプリメントにより腸内環境が改善され、
蓄膿症が治り鼻水、鼻づまりの症状にならなくなりました。

こちらの乳酸菌サプリメントです。

>> フジッコの善玉菌のチカラ

蓄膿症だけでなく、アトピーだったり偏頭痛などの
症状も改善される嬉しいサプライズがあるかもしれませんよ^^

副鼻腔炎 治った

あなたも一度試してみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ